大手会社と町の工務店。ズバリ、どちらが安いの?

選び方次第では大手が安い

大手会社に依頼して注文住宅を建てるのと、町の工務店にお願いするのとではどちらが安いのでしょうか。結論から言えば底辺を探すと大手の方が安上がりになります。大手会社もたくさんあり、それぞれが個性と独自のコンセプトを持っています。高級住宅を手がける会社もあれば、格安で家を建てられるようにしている会社もあるのです。できるだけ安上がりで済ませようと考えて依頼先の会社を選べば破格で注文住宅を建てられます。ローコスト住宅と呼ばれる安い住宅を選べるからです。ローコスト住宅は素材や設備などを画一化して安く調達することで価格を抑えているのが特徴で、自由度は低いけれどとにかく価格を下げられるのが魅力となっています。

交渉すれば町の工務店も安い

注文住宅にこだわりを持っている場合には町の工務店の方が安い場合もあります。細かな注文を付けると大手会社の場合には画一的に価格が跳ね上がっていきますが、工務店の場合には交渉次第でそれほど価格が上がらずに済む場合も多いからです。大手会社は料金システムを明確にしている反面、交渉で価格を引き下げるのは難しいのが一般的です。それに対してテイラーメイドで対応してくれる町の工務店は交渉をすればかなり価格を抑えられることがあります。特に住宅設備をたくさん入れて、広い間取りの家を建てようとしているときには総価格が高くなり、工務店の利益額も大きくなります。このようなときに少し割引をしてくれて安上がりになるケースが多々あるのです。