相見積もりは必須!業者の比較ポイント3選

自社一括の会社かどうかもチェックポイント

予算内での家造りを可能にするためには、自社にて営業から工事まですべてを行っている業者のほうが費用が安く済むことが多いです。なぜなら、工事を下請けに頼む業者の場合、マージンがかかってしまうからです。自社一括の業者であれば、自社配属の大工さんが工事をしてくれるのでマージンがかかりません。その分、材料費などの金額も良心的だと言えるでしょう。また他社を挟まないので、工事が始まってからも直接大工さんに要望を伝えることができます。予算内で仕上げるためにもう少し何とか工夫できないか、現場にて相談することも可能です。相見積もりをする際には、金額を聞くだけでなく、自社一括会社なのか、それとも別に工事をする会社があるのかを確認しておきましょう。

スタッフの対応と、諸経費の確認をしよう

見積り依頼は電話で行うことが多いですが、電話の際のスタッフの対応もしっかり比べたいものです。そもそも予算内で工事を行うには、材料選びや工法の工夫など業者の提案と協力が必要です。念入りな打ち合わせをすることで、工費を下げることができます。誠実に打ち合わせをしてくれるスタッフかどうかを見極めることも重要なのです。 また見積りをしてもらう際に必ず聞いておくべき点は、諸経費についてです。諸経費とは、業者の交通費や運搬費、見積書の書面作成費用など諸々を言います。業者によって、諸経費は異なってきます。中には後になって、がっぽりと諸経費を請求してくる業者もいるのです。そうした業者に引っ掛かっては無駄金がかかってしまいますよね。見積書も内訳をできる限り詳細に表記してくれる会社であれば安心です。

一戸建てには、騒音トラブルが生じにくい、管理費や駐車場代がかからない、近隣住民と密接な関係性を築くことが出来るなどのメリットがあります。