良心的な業者の見極め方を知ろう!

電話の対応だけでも業者の雰囲気は分かる!

注文住宅を建てるとなったとき、できるだけ良心的な業者に依頼することで予算内で建築できる可能性が高くなります。同じ工事でも、業者によって価格が異なるケースは多いです。相見積もりを取る人は多いですが、良心的な業者を見極める方法としてその際の電話対応も要チェックです。言葉遣いも大切です。電話越しの声や雰囲気が不愛想で横柄に感じたなら、その業者はやめておいたほうが良いでしょう。電話ひとつとは言え客を大切にできない業者は、いざ頼んだところで良心的な工事も期待できないからです。客の身になって考えてくれる業者なら、何とか予算内で工事ができないかといろいろ提案してくれます。そういう態度は、1本の電話にも表れるものなのです。

ちょっと難しい質問をしてみよう!

家を建てるということは、業者と長い付き合いをすることになります。気の合うスタッフであれば、少しくらいの無理も聞いてもらえます。何度となく重ねる打ち合わせでも、親身になって考えてくれるでしょう。予算内で工事できるように、材料や工法などを工夫してくれます。時間と手間がかかることでも、良心的なスタッフとなら納得いくまで打ち合わせをすることができるのです。 予算内で工事をするには、たくさんの打ち合わせと話し合いが必要です。嫌がらずに真摯に向き合ってくれるスタッフかどうかを見極めることも、大切と言えるでしょう。業者を決める際には、ちょっとややこしい質問を投げかけてみるのもひとつの方法です。それに対して、「それは無理です」と一言で片づけてしまうスタッフか、それともいろいろと方法を考えてくれる人なのか。それを見て、業者選びの答えが出るはずです。

建売住宅は注文住宅に、安く入手できるのが最大のメリットです。また、購入から入居までの期間が短くて済みます。